カヌーとカヤック

一般的に、片側だけについているシンブルブレードパドルを使用して進む船をカヌーと呼び、ダブルブレードパドルを使用して進む船をカヤックと呼びます。

カヌーとカヤックの違い(詳細)

カヌーは大きく分類して「オープンデッキ・カヌー」と「クローズドデッキ・カヌー」に分けられます。

オープンデッキ・カヌーは、デッキ部分がボートのように、大きく開いているものを言い、ブレードが片方だけについている、シングルブレードパドルを使用します。

カヤック

クローズドデッキ・カヌーは、デッキ部分に人が乗り込むための穴が開いているタイプで、一般的には、ブレードが両側についているダブルブレードパドルを使用します。

シンブルブレードパドルを使用して進む船をカヌーと呼び、ダブルブレードパドルを使用して進む船をカヤックと呼びます。

カヌーは、釣や散策などに使用されるカナディアン・カヌーが代表的なものとしてあげられます。他には、激流を下るホワイト・ウォーターや、ラバー製のインフレータブル・ボートなどがあります。

カヤックは川で使用するリバーカヤックや、海で使用するシーカヤック、組み立てて使うフォールディング・カヤックなどがあります。

日本では、船首と船尾がとがっていて「カイ」で前を向いてこぐ舟を全てカヌーと呼んでいます。ですから、カヌーとカヤックを総合して、カヌーと呼んでいる場合もあります。

カヌーは遊び方、遊ぶ場所の数だけ種類があると言われています。 これらの豊富な種類の中から、自分の目的に合ったカヌーを見つけるのが、カヌーを楽しむ第一歩といえます。

カヌー、カヤックという呼び名に左右されず、自分がどんな場所で、どんな事を楽しみたいか。それによって選ぶカヌーの種類も変わってくるのです。


HOME | カヌーの種類と特徴 | カヌーとカヤックの違い | カヌーの構造と各部の名称 | カヌーを楽しむための道具 |
カヌーの漕ぎ方
| カヌー競技 | カヌー関連用語集
Copyright カヌー.net All rights reserved.