カヌーの漕ぎ方

一番基本の漕ぎ方が、フォワード・ストロークです。体の軸がぶれないよう、腰のひねりに重点をおきます。パドルを水から引き抜いたとき体とカヌーを引き寄せるという感覚で、パドリングします。

カヌーの漕ぎ方(続き)

パドルの持ち方の基本は、シングルブレード・パドルの場合は、まず一方の手でグリップを握ります。グリップを持ったほうの手を上手と言います。この時、手のひらを自分のほうに向けてグリップを握ります。

そして、ブレード部分より少し上のシャフトをもう一方の手で握ります。この手を下手と言います。

カヌー漕ぎ方

シングルブレード・パドルの一番基本の漕ぎ方が、フォワード・ストロークです。

パドルを水面に入れ、体の軸がぶれないよう、パドルを漕ぐ手の動きよりも、腰のひねりに重点をおきます。パドルを水から引き抜いたところに、体とカヌーを引き寄せるという感覚で、パドリングしてく方法です。

真っ直ぐすすむため体勢をコントロールするラダーストロークという技術もあります。

これは、ブレード面を舵のように利用して、カヌーの回転を防ぎます。グリップの指を捻ることで、ブレードの向きが変わり、カヌーの回転が抑えられます。

カヌーをバックさせるには、左右を交互に漕ぐスタイルと、左右どちらかの後方の水面を前に向かって漕ぎ、そのまま、水中にブレードを入れたまま、後方に半円を描くように移動させ、カヌーの進行方向を調整する方法があります。

横に移動するときは、真横に垂直にパドルを入れ、そこにカヌーと体を寄せていきます。

そして、止まる場合は、体の後ろから、水面を前に押し出すように、ブレードを水中へ入れます。

カヌーが傾いたときや、沈した際のリカバリー方法などは、身体で覚えておく必要があります。陸上で練習し、いざという時、自然に体が動くようにしておきましょう。


HOME | カヌーの種類と特徴 | カヌーとカヤックの違い | カヌーの構造と各部の名称 | カヌーを楽しむための道具 |
カヌーの漕ぎ方
| カヌー競技 | カヌー関連用語集
Copyright カヌー.net All rights reserved.